終演

昨夜をもって、5日間8回公演 舞台「古事記‐日本の始まりの物語‐」無事に終演いたしました。

 

2度目の劇団歴史新大陸の作品でした。今回は三役。

オオゲツヒメ。イザナミ。

そして、、

ストーリーテラーとして日本の始まりを語らせていただきました。

実に贅沢な時間でした・・・。

オオゲツヒメの愛。イザナミの愛。

二人の母の異なる愛に挑戦して、そして、二人とも殺されました。。

血のつながり。

命のつながり。

日本のはじまり。

を感じました。

日本の始まりは母から始まる物語なのかもしれません・・

お客様からあなたを見ているだけで母性の愛があふれていて涙が出てくると

去っていかれ。。驚きと嬉しさに包まれました。

 

大役を演じ終わった今日は、私の体と心が、、私のものに戻った穏やかな時間です。

 

素敵な写真は撮影・井上淳一さん。

 

 

このような役を作っていただいた脚本家、天沢彰先生、

機会をいただいた劇団歴史新大陸局長へ

そして、一緒に演じてくれたキャスト、支えてくれたスタッフ、

舞台を一緒に完成してくれたご来場いただきました全てのお客様へ

感謝申し上げます。

 

 

 

 

それでは最後に高笑いで、さようなら。

 

ほほほっー。ははははっー。